暮らし描いて生きていく 地域を繋いで、仕事をつくる。 一般社団法人ローカルコワークアソシエーション

私たちは、地域で
“暮らしを描いて生きていく”
人たちを応援するための
クリエイティブ・デザインファームです。
自ら選んだ好きな土地で
人と繋がり、
仕事を生み出して行くために、
情報発信・場づくり・仕組みづくりを
デザイン、
豊かなローカル(地域)の発展&
個人の幸せの最大化
に貢献します。

キーワード

ローカルコワークアソシエーションの活動を
3つのキーワードで紹介します。

what

地域であたらしい働き方や暮らし方を生み出すのは簡単ではありません。エリアの特性を把握しながら、さまざまなレイヤーが集い、未来へと繋がるコミュニティを生み出す上で、必要なノウハウを地域の皆さんと一緒に作り出す仕組みづくりを行います。

メディア

メディア

ローカルを舞台にチャレンジする人がもっと社会に増えるには、一人ひとりのチャレンジがもっと身近なものになっていくことが大切です。メディア運営を通じて、働き方・生き方のヒントを提供います。

コワーキングスペース

コワーキングスペース

人と人が出会い、つながりながら地域でビジネスを展開する拠点としてのコワーキングスペース、その他さまざまな場のプロデュースを支援します。ローカルの魅力を引き出す“場”が、地域の未来を描く軸になると私たちは考えます。

コワーキングスクールキャンプ

コワーキングスクールキャンプ

多様なレイヤーたちが地域で集い、共に考え、暮らしを描くアクションを行う上で必要な場・コワーキングスペースを立ち上げ&企画&運営を行っていくための学びの場「Coworking School Camp」の運営を行なっています。

コミュニケーション

コミュニケーション

地域の未来をつくるのは、その土地に暮らす方々だけ。土の人・風の人・水の人など、地域に必要な人たちが混ざり合い、刺激し合う場と持続可能な関係性を生み出すための、場のプロデュースもサポート致します。

ブランディング

brand

未来を導き出すには、これまでのローカルの文脈を大切にしながら、歴史と現在地域にある社会的資源を生かし、再発見するためのブランディング。ビジョン、ミッション、スローガン、コンセプト、ロゴなど、様々なクリエイティブを提供します。

brand
プラットフォーム

“地域を豊かにする”ためのコワーキングスペースの開設を目指す学びのためのプラットフォーム。ローカルの特性を理解しながら、持続可能なコミュニティの形成とアイデアが集う場を生み出すためのノウハウを学びます。

プラットフォーム
多様化
多様化

働き方の多様化が進む時代、1つの会社や1つの組織で生きていく時代は過去のものへ。地域で“しなやかに働き暮らす”を実現している一人ひとりの生き方を紹介することで、これからの時代のNEXTSTANDARDを伝えていく、WEBメディアです。

チーム
坂本大祐
坂本大祐
代表

1975年、大阪府生まれ。和歌山県でデザイ ナーとして活動をスタート。身体を壊した のを機に、2006年、両親が移住していた 奈良県・東吉野村へと拠点を移す。移住後 は県外の仕事を受けながら、今までの働き 方や生活を見直し、自分にとって居心地の いい新たなライフスタイルを模索。ある出 会いをきっかけに、奈良県内の仕事が増え、 商品やプロジェクトなどの企画立案からデ ィレクションまで手がけるデザイナーとし てさまざまな案件に携わる。2015年3月 にオープンした「OFFICE CAMP HIGAS HIYOSHINO」設立時にも企画からデザイ ン、運営までを担当。村と外をつなぐパイ プ役として、東吉野村を拠点に活動中。

http://officecamp.jp/

森川正信
森川正信
理事

1976年横浜生まれ。地域に根ざしたプロジェクトやプロダクトのディレクションを行いながら、デザインや映像制作、クリエイティブ全般を行なっている。横浜のコワーキングスペース&シェアオフィス「マスマス関内フューチャーセンター」の代表/クリエイティブディレクター。間伐材プロジェクト「山北プロジェクト」、横浜帆布鞄とのコラボアイテム「Tsuchibag」の企画や、大田区蒲田で城南信用金庫のシェアオフィス・創業支援施設「J-Create+」ブランディング等を担当。 マスマススクエア株式会社 代表/LIFT45 /一般社団法人ローカルコワーク・アソシエーション 理事

https://massmass.jp/
https://j-createplus.jp/

鈴木哲也
鈴木哲也
理事

茨城県出身。横浜市在住。コワーキング&カフェyuinowa運営者。 ヤフー株式会社地方創生チームに所属し、全国の地方創生案件、茨城県結城市のプロジェクトを担当。古き良き城下町の資源を活かした「結い市」「結いのおと」などのイベントを実施。2017年8月に築80年の呉服店をリノベーションしたyuinowaを立ち上げた。 また、3年半宮城県石巻市に常駐し復興支援事業を行い、サイクルイベント「ツール・ド・東北」の立ち上げや、地方の人々と観光客をつなぐ「イベント民泊」、東北の生産者の商品わPRし、販売する「復興デパートメント」を企画運営。 一般社団法人ローカルコワーク・アソシエーション 理事

http://yuinowa.jp/

入川秀人
入川秀人
顧問

商業空間プロデューサー。 ダイエーグループで、大型スーパーの出店戦略の立案をフィールドマーケティングの手法で数多く手がける。 都市計画から業態開発、街づくりや地域振興の活動をベースに、2002年楠本修二郎氏とカフェ・カンパニー株式会社を創業し、東急沿線の駅及びその周辺の開発や六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」、数々のエリアブランディングプロデュースを経て、近年で は川崎市殿町キングスカイフロントの次世代体験型商業施設「The WAREHOUSE」などで評価を得る。 今後は、これまでの実績や蓄積したノウハウ、独自のマーケティング手法等を基に、企画および開発業務から、 街づくりや地域ブランディングに関する社会実験、教育・出版事業等をメインの活動にしていくことが期待されている。

http://www.irikawa-style.com/index.html

top